cat

契約者貸付がナンバーワンの保険会社とは?

オススメ保険商品とその理由を徹底解説


契約者貸付という制度は、どの保険会社にも付加されています。

キャッシュフローを重視する業種、たとえば不動産売買の企業などへの提案の際には、「全損で落としつつ、契約者貸付で限度額まで目一杯借り入れて、キャッシュフローをよくしませんか?」という点が刺さります。

それでは、「全損定期保険の中で、貸付限度額が高く、また貸付金利が安い保険会社はどこか?」という点が気になると思いますが、

続きを読むにはプレミアム会員のログインをしてください。




オススメ保険商品とその理由

生保各社比較分析


※記事内容にご意見がありましたら、info@hojinhoken.com宛にお問い合わせください。
適宜見直しをいたします。ご協力賜れば幸いです。

オススメ情報募集中



法人保険を学べるステップメールをご用意いたしました。

世界一わかりやすい法人保険講座
一歩先を行く法人保険マスター講座