cat

相続税非課税枠に活用できる一時払い終身保険とは

オススメ保険商品とその理由を徹底解説


保険商品で相続税対策をしていない方が、最後に駆け込むのが一時払い終身保険で、大変ニーズがあります。現状、ドル建の方が運用には有利ではありますが、外貨を不安がる人が多いようです。

日銀のマイナス金利導入を受け、生保各社は貯蓄性の高い一時払い終身保険を販売停止しました。特に体況診査のない一時払い終身保険は軒並み外貨建てとなっています。

外貨建商品は運用利率がよく、さらに円高時に保険料をまとめて払えば為替差益を産みます。
その中で唯一円建て、しかも80歳まで加入できる無審査の一時払い終身保険が出ました。円にこだわるお客様には唯一の商品ですので必ず覚えておきましょう。

なお、告知ありの一時払い終身保険では、円建商品はまだ健在で、加入上限が90歳の商品があります。


続きを読むにはプレミアム会員のログインをしてください。




オススメ保険商品とその理由

生保各社比較分析


※記事内容にご意見がありましたら、info@hojinhoken.com宛にお問い合わせください。
適宜見直しをいたします。ご協力賜れば幸いです。

オススメ情報募集中



法人保険を学べるステップメールをご用意いたしました。

世界一わかりやすい法人保険講座
一歩先を行く法人保険マスター講座