cat

環境査定なしで返戻率も非常に高い全損商品が現る!

オススメ保険商品とその理由を徹底解説


1社が加入できる法人保険の死亡保険金額には限度があります(自社から販売できる限度枠と、全社通算の限度枠を設けています)。

その金額は年商、役員報酬、を元に各保険会社が決めおり、これを「環境査定」といいます。

しかしながら、死亡保障がつかない重大疾病保険の場合、この限度枠に触れることはありません。

では、どんな商品、どんな特長があるのか解説していきます。


続きを読むにはプレミアム会員のログインをしてください。




オススメ保険商品とその理由

生保各社比較分析


※記事内容にご意見がありましたら、info@hojinhoken.com宛にお問い合わせください。
適宜見直しをいたします。ご協力賜れば幸いです。

オススメ情報募集中



法人保険を学べるステップメールをご用意いたしました。

世界一わかりやすい法人保険講座
一歩先を行く法人保険マスター講座