cat

法人保険ドットコム



【プレミアム会員ログイン】



法人保険で重要な70の項目で生保会社の分析をします。各保険会社の特性を読むことが法人保険のマスターへの近道です。
また各社に必ず一つはキラー商品があるということも念頭に入れておきましょう。

エヌエヌ生命


【各生命保険会社の特徴分析】
環境査定の影響を受けない全損定期、一括告知をほぼ全商品で実行できること、最短保険期間5年の収入保障保険など、法人特化型の保険会社だけあって、使い勝手は非常に良いと言えます。

【各社のオススメ法人保険】
全損定期一括告知、逓増名変、半損逓増3年目返戻率、無解約返戻金定期、保険期間5年~10年の収入保障(非喫煙・喫煙)設備投資借入に最適

【各社のオススメ個人保険】
無解約返戻金定期、保険期間5年~10年の収入保障(非喫煙・喫煙)

【各社のオススメ相続対策保険】
90歳までの無解約返戻金定期

【個人契約でクレジットカード払が可能な生保会社】
×

【法人契約でクレジットカード払が可能かどうか】


【変換(コンバージョン)制度のある生保会社】


【契約者と被保険者が違う場合の変換は可能か?】
×

【変換時の死亡保険金額は解約返戻金と相殺されるか?】
無し

【2回以上の変換が可能な生保会社】


【変換時の証券分割(相続対策)は可能か?】
△ 終身保険・養老保険では不可

【特別条件がついた時も変換が可能か?】
×

【特別条件がついた時も更新可能か?】
×

【期間短縮ができる生命保険会社】
○ 期間短縮と期間延長の両方ができます。延長時に形式上だけ、告知書提出が必要。また長期定期のみ期間短縮も期間延長も不可

【期間延長ができる保険会社】
○ 期間短縮と期間延長の両方ができます。延長時に形式上だけ、告知書提出が必要。また長期定期のみ期間短縮も期間延長も不可

【介護医療控除枠の活用が可能な貯蓄型保険比較】
×

【保険料ローン・質権設定が可能な生保会社】
○ 年3.0~4.5%くらい

【体況無審査の一時払終身保険の各社比較】
×

【一時払終身保険(体況診査有)の各社比較】
×

【一時払個人年金の各社比較】
×

【変額保険商品の各社比較】
×

【米ドル建保険商品の各社比較】
×

【豪ドル建保険商品の各社比較】
×

【ユーロ建保険商品の各社比較】
×

【有配当の生命保険会社】
×

【平準払個人年金保険商品の各社比較】
×

【全損定期保険の各社比較】
◯ 一括告知に強い。40歳男性のMAX返戻率83.5%

【全損逓増定期保険の各社比較】
△使いづらい

【全損商品の契約者貸付限度額と金利について】
解返9割、金利2.35%

【逆養老(逆ハーフタックスプラン)は可能か?】
△ 成立後受取人変更で

【1/2逓増定期保険(低解約無)の各社比較】
◯ 最短3年で上昇。40歳男性でMAX返戻率99.6%

【1/2逓増定期保険(低解約有)の各社比較】
◎ 40歳男性でMAX返戻率104.4%

【逓増定期保険の復活可能期間について】
3年

【1/2逓増定期の加入可能な年齢上限】
70歳まで

【1/3逓増定期保険の有無】
×

【長期定期保険(低解約無)の各社比較】
◎ 期間短縮と期間延長が可能

【長期定期保険(低解約有)の各社比較】


【特定疾病罹患で返戻率が上昇する終身保険とは?】
×

【無解約返戻金定期保険の各社比較】
◎ 喫煙者で割安。50歳男性:107.6万円。歳満了選択は45歳以上で。

【無解約返戻金定期保険の保障最長期間の各社比較】
90歳

【個人ガン保険商品の各社比較】


【法人ガン保険商品の各社比較】


【上皮内ガンでの診断給付金支給率の各社比較】
法人ガン保険で、100%

【特定疾病保障保険の各社比較】
◯ 法人向け全損商品あり(S2億円まで)。但し上皮内ガンは給付せず。

【脳卒中/心筋梗塞の手術で給付金を支払う特定疾病保険】
×

【法人全損、個人給付金受け取りの特定疾病保障保険】
×

【高度障害の個人受取が可能な生保会社】
×

【リビング・ニーズの個人受取が可能な生保会社】
×

【レーシック手術給付金が支払われる生保会社】
×

【生保各社のBMI標準体基準】
開示無し。優良体は27以下という情報のみ

【生保各社のBMI謝絶体基準】
開示無し

【再保険会社に引き受け可否を提出する死亡保険金額】
S5億円超だと提出されます。提出は悪影響

【割増保険料が付加された場合の商品スペック変動】
△↓ 商品力ほんの少し落ちる

【診査報状を共用できる生保会社】


【各生保会社の体況事前診査について】


【社医限定の死亡保険金設定がある生保会社】
△ 特定医を利用すると3億円までは血液検査不要となる

【社医診査の場合に引き受け緩和となる生保会社】
×

【嘱託医ランク差を設けている生保会社】
◯ 特定医

【「保険の診査センター」の利用可能な生保会社】


【HOLの利用可能な生保会社】


【診査有効期限の各社比較】
40日間

【健康診断書結果表の有効期限、各社比較。】
成立まで14ヶ月以内(申請で多少延長可)

【人間ドック結果表の有効期限、各社比較】
成立まで14ヶ月以内(申請で多少延長可)

【健康診断結果表による死亡保険金の上限、各社比較。】
15歳~20歳5000万円、21歳~24歳1億円、25歳~65歳11000万円、66歳~75歳5000万円

【人間ドック結果表による死亡保険金上限、各社比較。】
15歳~20歳5000万円、21歳~24歳1億円、25歳~65歳3億円、66歳~75歳1億円

【自署不要の一括告知が可能な生保会社】
◎ 10人以上で全商品OK

【養老保険の満期金の年金受取は何年間か?】
○ 10年~

【養老保険の自動更新ができる生命保険会社】
×

【要経過観察の告知の必要な生保会社】
必要

【未経過分の契約者貸付が可能な生保会社】
×

【みなしAPLが可能な生保会社】


【外国人の加入が可能な生保会社】


【収入保障保険の保険期間】
最短5年から、1年刻みが可能

【収入保障保険の保障範囲(主契約)】


【収入保障保険の保障範囲(特約)】




項目ごとに各社比較


年齢を変えてシミュレーションしたい方はこちらをご利用ください。
満額の比較や、一歩先を行く生保比較もご用意しております。
プレミアム会員メニュー